PTA

児童虐待~じゃあ、どうする!

また、悲しい事件がありました。
ココログニュース
どんな気持ちでたった7年の短い生涯を閉じたのでしょうか。
本当に悲しく、辛く、怒りがこみ上げてきます。

児童虐待がニュースになるたび、
いろんな人が、いろんなことを言っています。
(私を含め・・・)

でも、
「じゃあ、どうする!」
ということはあまり聞かれません。
現状を把握し、感情に訴えることは大切なことです。
でも、
そろそろ、
前に進まなきゃ。
尊い命が奪われ続けます。

たくさんの意見をまとめ具体化していくこと

それって
誰がするの?

私ができることはなんだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたはどちら派?

中学校の休日参観日。
英語は少人数クラスで
一クラスを2つに分けて授業します。
(15名づつくらいですか・・・・)

A先生
プリント派

B先生
板書派

A先生
主にプリントを使って授業を進めます。
教科書と平行して
プリントの空白に単語を埋めたり
教科書の内容に沿って
生徒たちにインタビューさせた内容を記録させて
後で回収されていました。
インタビューですから
離席OKです。
子どもたちを動かして授業をされていました。

B先生
教科書の内容に沿って板書を中心に
子どもたちとコミュニケーションをとりながら
授業を進められていました。
もちろん子どもたちは席を立ちません。
昭和生まれの私としては
懐かしいというか・・・
B先生の板書は
写真にとってノートに貼ればOK!というくらい美しいものです。

まず、
二つの異なった授業形態を見ることができたことに感謝。
とても感動しました。
先生方は
日々子どもたちのために
授業内容を工夫されているのだなぁと。

二つ目に
授業って、先生のキャラクター次第?

A先生のほうが、今風の感じがしませんか?
実は
見かけは
B先生のほうが、ファッショナブルな今風?
表情も豊かで明るい。でも、先生と生徒のけじめがついてる。

A先生は
どちらかといえば、冴えない感じ。
一生懸命なのだけれど、
子どもたちは、無秩序に質問する。
「それ、さっき先生が言ってたやろ?」
と突っ込みたくなる場面もしばしば。

ちなみに
娘はA先生のクラスです。

これって、
どちらか一方ってことではなく
両方経験できたら、
すばらしくないですか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

乱読中

やたらと本を読んでいます。

本当の乱読
あっち、こっち、読みかけて
今、4冊ほど並行して読んでいるところ。
「資本論」から「枕草子」ビジネスのハウツーものもありますね~。

最近、気になるのは
「ヤンキー」

今年は「ヒラ」ですが
中学校のPTAの指導部になりまして、
何かと問題のある子どもたちとも接する機会がありそうで、

戦う(?)ためには相手を知ることが第一

と思い、
とりあえず目に付いた本を読んでみることにしました。

「ヤンキー進化論」
難波功士
光文社新書
Photo

「デメキン」
佐田正樹
ワニブックス
Photo_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶり!

昨年引っ越した友人が遊びに来ました。
上の子が小6の時に
一緒に役員した方。
女4人、夜ファミレスに集まって
喋り倒しました

話は尽きませんね~。
近況報告から、子育てのことまで。
うちは下の子が来年中学に上がるので、
中学校の情報収集ができてよかった。

「明日になるよ」
と、12時過ぎちゃまずいと思い、
解散しましたが、
まだ話し足りませんでしたよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終わります。

小学校の読み聞かせ
小学校の卒業式
保護者と先生のお別れ会
バトンのおさらい会
と、
年度末の行事が次々に終わりました。
後は
自治会の総会を残すのみ。

どれも、
思い出深いものばかり。
こんな私がお役に立ったかどうかギモンですが、
終わってみると
なんだか、さびしいです。

こういう活動は
「出会い」が魅力。
自治会は特に年齢の幅が広くて
大先輩方にたくさんのことを学びました。
PTAの活動も、
上の子どもの時には
一緒に役員したのは同年代のお母さんたちだったのですが、
今回は
びっくり仰天!私以外はすべて30代前半!
下手したら一回り違うんです。
私も少しは若返った?

当然、価値観も違うので、
最初は戸惑いましたが、
根っこは一緒。
「愛する子どものために」

出会ったすべての方々に感謝。
そして
これからも、
よろしくお願いします。
Cimg1061

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6年生絵本読み聞かせ

とうとう最後の読み聞かせになりました。

どうしても伝えたいこと

ちょっと、ハードな内容でしたが
あえて選びました。

「わたしのいもうと」
松谷みよ子/作・味戸ケイコ/絵
偕成社
Photo

作者、松谷みよ子さんのあとがきもすばらしかったので、
一緒に読みました。
家で練習していても
涙が出てきてしまうので、
極力、感情を抑えて読んでいたのですが、
やはり、涙声になってしまいました。
聞きづらかっただろうな。

「教室はまちがうところだ」
蒔田晋治/作・長谷川知子/絵
子どもの未来社
Photo

中学校に行っても、
いっぱい間違えて、
いっぱい学んで、
大きくなって欲しい。

今回で私も卒業。
また機会があれば、
小学校に出没するかも!

ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

年度末と年度初め

あれこれ首を突っ込む習性の私は
この時期
非常に後悔いたします。

何もかもがいっせいに忙しくなる!

自治会に小学校のPTA、娘のバトンのコンペティションの準備。

毎日役員会やら電話やら
メモを見ながら生活しています。

来週中に、いろんなお手紙を発信しなければならなくて、
ひゃ~、間違いなくできるでしょうか!

私が忙しいのは自業自得ですが、
人に迷惑をかけてはいけません。
胃が痛い~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

~絵本読み聞かせ~6年生

2学期は読み聞かせはお休みしていました。
久しぶりで緊張!

1冊目
社会で「世界の中の日本」を勉強しているので、
外国のお話を選びました。
お話の最後に「日本のラジカセ」が出てきます。
「世界の中の日本」を少し感じてくれたかな?

「ぼくのチョパンドス」
小林 豊/作
光村教育図書
Photo

2冊目
小学校最後の参観日に
クラスの子供たちはバザーを開き
売上金をユニセフに寄付するそうです。
今、全校に呼びかけて
余剰品集め、真っ只中です。

「自分たちは何のためにバザーを開くのか」
確認できたかもしれません。

私はとても感動したので、
この本を購入しようかと思っています。

「ともだち」
谷川俊太郎/文
和田 誠/絵
玉川大学出版部
Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

麻生さんと中川さん

よく似ている二人だなぁ。
顔というか、持ってる雰囲気というか。

私もお酒は好きですけど、
時と場所は選びます。

中年のおばさんでも
そのくらいわきまえてます。

ああ、
世界に発信されたのか。

情けないな。

うちの小学校では、
PTAの呼びかけで
運動会の時に飲酒を禁止いたしました。
「お酒は帰ってから、ゆっくり飲んでください。
運動会では子供たちを見てやってください」と。

しかし、なかには、無視して缶ビールを開ける親もいて、
執行部の方はその対応に苦慮されていました。

日本の代表として参加している人が、
世界経済の危機のまっただ中の
重要な会議に
あの体たらく。

中川氏は飲酒を否定されていますが、
あの映像を見て
誰が納得するでしょうか。
周りに誰もうなかったのでしょうか。
誰か注意してよ!

小学校の運動会で
自分勝手な行動をする親。

世界に発信された映像。

何か、変!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車ヘルメット着用義務化に向けて

わが小学校では
いま、子どもたちの自転車ヘルメットの着用義務化向け、取り組んでいます。
先日の卒業生の交通死亡事故をうけ、
「義務化」を勧める方向になりました。

昨夜もPTAの会合がありました。

シンプル イズ ベスト

学校と保護者が一体となり、
子どもの安全を守る。

細かいことはこの際、なし!!

断固とした姿勢で、
「義務化」するべきと考えます。

話し合いの中で
ヘルメットが高いとか、兄弟が多い家は負担が大きいとか、
親が責任を持てばよいのでは、とか、
いろんな意見が出ます。

でも、
それはそれ。
それこそ、個人で考えるべき事。

学校と保護者の姿勢を見せる。
「子どもたちのこと、真剣に考えてるんだよ。」
「うちの学校では、交通安全に一生懸命に取り組んでいるんだよ」
「守れる命は、どんなことをしてでも守って見せる。それが大人の仕事」

シンプル イズ ベスト


| | Comments (0) | TrackBack (0)