« チーム・アミューズ!! | Main | 市・県民税の納付書届く »

玄海原子力発電所

ふるさと佐賀県の原発。
原発ができた頃、私は小学生でした。
当時、すごい勢いで建設に反対していた父に
「原発が爆発したらどうなるの?」
と聞いた記憶があります。
子供心に、
当時住んでいた所は玄海町から離れていいると思っていたのです。
今思うと、ほんの目と鼻の先ですけれど。
「みんな被爆して、住めなくなる。」と、
父は答えました。

母の実家は長崎県。
祖父は妹を探しに原爆投下直後の長崎に入り
二次被爆しています。(60歳で肺がんで亡くなりました)

母の病気で、生後3ヶ月頃の私は
白血病の小児病棟に入院していたことがあるそうで、
よくその頃の話を聞かせてくれました。
(放射能≒白血病という認識があったからかな~)

そんなこんなで、私自身も若い頃は
「原発反対」だったのに、
最近では
「電気は必要よね。」

「日本の原発って安全なのかも。」
なんて、
思っていました。

今住んでいる山口県の上関原発の反対運動のニュースを見ても
どこか、他人事でした。

九電の「安全」試算
(2011.6.1付 朝日新聞)

「想定外」が強調された今回の事故。
なのに、九電側は
「M9はあまりにもとんでもない設定。
(津波の高さを)計算することに意味がない」
と会見。(2011.6.1付 朝日新聞)

この記事を読む限り
納得いかない。

そして、思ったのが、
もし、万が一、想定外の大災害で原発の大事故が起こったとき、
九電や自治体は何か対策を考えているのでしょうか?
まだ、
「事故は起こらない」という前提で何も手を打っていないのなら
そこが問題だし、
メディアも、
そこを検証して欲しい。

私たちにできること。
その一つに「意識の改革」もあるかと思うのです。
私たち大人は
未来を生きる子どもたちに
大きな責任を担っているのですから。

|

« チーム・アミューズ!! | Main | 市・県民税の納付書届く »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 玄海原子力発電所:

« チーム・アミューズ!! | Main | 市・県民税の納付書届く »