« 大学選びって難しい・・・ | Main | 衣装作り »

認知症

母の症状が少しずつ悪くなっています。

「妹のだんなさんが事故を起こしたので、
うちのお金を持っていった。」
ということになっています。
知り合いに電話して
「お金が・・・」
といってみたり、
知らない人が聴いたら本気にします。
だって
見かけはしっかりしていますから。

妹が2週間ほど入院してからです。
不安だったのでしょうね。
妹が来ない理由を自分なりに考えて納得させていたのではないかと。

来月
妹一家が隣町に引っ越します。

環境を変えるのは良くないので
「しばらくヘルパーさんを増やして、様子を見ましょう。」
ということになっていたのですが、
ちょっと無理みたい。

妹の引越し先の近くで
施設を考えることにしました。

しばらく小康状態だったので
少し安心していました。

私はもっと早く施設入所を考えたほうが良いと思っていたのですが、
近くにいて世話をしている妹が
なぜか、首を縦に振らなかったのですよね。
遠くで何もしていない私があれこれ言うには限界があります。

当事者の気持ちが一番だと考えていました。

「当事者」
これを言うと妹は激怒します。
「私にばっかり考えさせないで!
姉ちゃんも娘なんだから、一緒に考えて。」

一緒に考えても、どうしても想像の域を超えないし、
想像すらできない。
近くにいて、日常生活の分かる人に聞いたら、
それは一緒に考えてないってことなのでしょうか・・・

両親のこと妹のこと
色々考えることが多い秋の夜長です。

|

« 大学選びって難しい・・・ | Main | 衣装作り »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 認知症:

« 大学選びって難しい・・・ | Main | 衣装作り »