« あなたはどちら派? | Main | 嵐ベストアルバム&ツアー »

ほめる子育て

子どもはほめると伸びる。
実感いたしました。

できないことを見つけるほうが易しいから、
まず、怒ったり、注意したり。
こちらとしても、
子どものために良かれと思って、言っているのですが。

ほめようと思うと
それは大変。
見つけにくい、小さなことが多いから。

でも、
人って、ほめられると素直に嬉しい。子どもも一緒。

昨日のバトンのレッスン。
先生がいらっしゃらなかったので、
中学生のリーダーが中心になってレッスンを進めます。

小学校低学年の子どもたちは
中学生が注意してくれる
すべてのことは把握できません。
(語彙の少なさや、経験値の低さによって)
なので、
ちびっ子は
さっき言ったことができない

中学生たち
同じことを注意しているうちにイライラしてくる。

子育て中の自分を見るようでした。

私は当番で、みていて、
余計なおせっかい?と思いながら、
ちびっ子に
「大丈夫、さっきより、うんと上手になっているよ。
リーダーさんに教えてもらってよかったね。
できるから、やってごらん。」
「うまいよ!」
「かわいい!」
「すごい!」
と、
ひたすらほめました。

中学生たちには
「何回も言ってあげてね。
あなたたちのおかげで、上手になってるよ」
と。

なんと、
レッスンが終わる頃には
見違えるようになりました。
しっかり、曲に合わせて、体を大きく動かして。
何より
目がキラキラ輝いていました。
丸一日のレッスンは
体力的には辛いでしょうに。

バトンはまったく素人の私。
メンバーたちはできない技もたくさんあるし、
大会は7月にせまっているというのに、
これでいいのか?と思えるほど。
でも、
私にできること
見つけました。

「子どもたちを褒めよう

|

« あなたはどちら派? | Main | 嵐ベストアルバム&ツアー »

スポーツ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

バトントワリング」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ほめる子育て:

« あなたはどちら派? | Main | 嵐ベストアルバム&ツアー »