« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

布到着

Cimg1890

これから型紙をおこさなくっちゃ!
バトンの衣装の良いところは
裁縫というより工作。
とりあえず
みんなと同じように見えればOK
(OKにしてもらっている・・・)
踊っている最中に
破れたり、ほつれたりしなければ。

今年の全日本では
布選びに失敗しちゃって
目立ちませんでした。

衣装は「え~、悪趣味!」と思うくらいがちょうどいい。
普段なら絶対選ばない色
実は
黄色の薄い布
はじめは同系色の薄紫でした。
とっても素敵なのですが、
広いフロアに立ったとき
どうかな?
と・・・

まあ、
これも経験ということで
出来上がってみないことには
分かりません。
なんてったって
素人ですから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

健康診断

今朝、超、不機嫌!
昨夜からの空腹で、いらいら。
今日は
健康診断

空腹で作る朝食と弁当に
余計にイライラ

とばっちりを受ける家族たち

うわさの
バリウムはヨーグルト味でなかなか美味。
しかし、
胃を膨らませるための発泡剤が~。
サイダーのようなシュワシュワで
げっぷを我慢しなければならない。
これが辛い!!

検査台に乗ったら
「げっぷが出ましたね?」
と、
責めるような担当者の声。
もう一回飲みました。

いや~、
げっぷを我慢するって
辛いね~。

お決まりの下剤とお水。
午後からは
お仕事にならないくらいトイレとお友達していました。
それでもまだ
白い便・・・

専業主婦が長かったから
会社の健康診断って言うのは、はじめて。
もう、いいお年ですし、
1年に1回は必要ですね。

それにしても
ハードな一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

捨てる!

今日は可燃物の日。
昨日整理した服。
一部
思い切って
捨てることにしました。

Tシャツは襟が擦り切れたくらいが
肌触りがいいんですよね~。

綿100%のものは
ウエスとして最後のお勤めをしてもらうことに。

後は思い切って
捨てます!

一切、見ずに、淡々と。

もう、何年も着ていない物でも、
捨てるとなると
心が痛みます・・・

でも捨てます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハードルが低いですから!

夕飯を作っていると
夫が
「今日の予定は終わった?」
と、意地悪く質問してきました。

夫は朝から
縁側や、外回りの塗装をしたり、
植木の剪定をしたり
よく働いていました。

わたしは?というと、
たまに動いて、いっぱい休んで
その様子を見ていて
こんな質問をしてきたのだと
分かっているのさ!

でも
「予定通り終わったよ

今日の目標
「衣替え」
自分のだけでも整理しようと思っていたので

「え?終わったの?」と
不思議そうな夫。

「ハードルが低いですから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こえどビール

Cimg1880


「モンドセレクション受賞」
のシール
サッポロでも、アサヒでも、サントリーでも、キリンでもない
見慣れない「缶」


試しに買ってみました。

おいしかった~

まろやかで、豊な味わい

私は
好きです

また楽しみが増えました。
埼玉県の工場で作られている
プレミアムビールだそうです。


こえどびーる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新型インフルエンザと定額給付金

とうとう関東にも広がりました。
空気感染の病気ですから
当然といえば
当然ですが。

もしも
家族が感染したら、
やっぱり
外出は控えたほうが良いでしょうね。
過剰な反応はしたくないのですが・・・

毎日の食事はどうしよう?

買い物に行けないってことですよね?

非常食用に、
準備しておいたほうが良いかしら?
とりあえず
1週間分くらいかな。
毎日カップめんってわけにはいかないでしょうし。

定額給付金で
「経済を活性化」させるはずが
このインフルエンザの流行で、
外出が制限されるんじゃ
使うところもなく
結局、お金は回らない。
いつの間にか
生活費に消えていきそうな気がする。

ところで、
マスクはまだ品切れではないかしら?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

かゆい

昨年の今頃もあった、首のかゆみ。
またまた出てきました。
猛烈にかゆい時もあれば
すっかり赤みが引くこともあり・・・
冬場はハイネックのシャツでカバーできても、
今はそうもいかず。
本人は気にしてないけど、
他人は気になるらしくて
「どうしたの?」
と心配されます

昨年は胃を悪くしていたので、
そのせいかな?とも思っていたのですが、今年も同じところがかゆい。
春先に皮膚科を受診したのですが、
薬を塗るとすぐに良くなりました。

テレビ番組で
私の首の赤みとまったく同じ症状の症例が紹介されていました。
「イネ科のアレルギー」とのこと。
番組内ではショック症状を起こし
たいへんなことになっていました。
アレルギーの検査を受けてみなければいけませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

巣立ち

Cimg1878


夕方、ピーチク、パーチク賑やかなので外に出てみると
庭の電線にツバメが4~5羽止まっています。
なんだかゆらゆら
危なっかしい。
どうも
巣立ったばかりの雛たちのよう。

しばらくすると
親鳥が
雛にえさをやっていました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

衣装作り始まる

7月の大会用の布の注文をすることになり、
保護者総出で
採寸をし、布の注文量を決めました。
毎回、頭が痛い。
「どのくらいの布がいるのか」
計算が~

一人でやると、パニックになってしまうのですが、
今回は
みんなで
「あーでもない、コーでもない」と言いながらやったので、
本当に助かりました。

こういうときは
経験豊富なベテランママさんが頼りになります
かく言う私も
そろそろ「ベテランママ」なのですけれど、
頼りになりません

今週末には各自に配布。
衣装作りは分からないことも多く、
近所にメンバーがいないので、
子どものレッスン中に保護者が集まって
一緒に作ることにしました。

衣装作りは大変だけど、
できたときの達成感は
何物にも変えがたい。

よっしゃ~!
と気合の入った日曜日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バトンと部活と勉強と・・・

土・日にバトンのレッスンがある娘は
土・日の部活はお休みしなければなりません。

どちらか選ばなければならないのなら、
迷わず
「バトンをとる!」
といっていました。

しかし、まだ
「どちらか選ばなければならない」時ではないと思い、
部活に入ることをすすめました。

今のところ
特に問題は無いようですが、
土・日の部活で連絡されていることが
娘の耳には入らないこともあるようで、
ちょっと困惑しています。

娘には
「何でも人がやってくれると思っちゃいけんよ。
分からんかったら、自分から聞きなさい。教えてもらいなさい。」
と言いました。

そこで、聞く順番。
同級生→先輩→顧問の先生

ということはアドバイスしました。

私としては
娘が習い事を優先していることで
他の一生懸命に取り組んでいる子どもたちに
悪い影響が出ないか
とても気になっています。
しかし、
部活をせずに
家でダラダラ過ごすことに不安もあります。

来週は初めての定期テスト

部活はお休みになりますが、
バトンはあります
夫は
「部活も休みになるのに、
何でバトンに行かせるのか?」
とご立腹ですが、

私は
娘に時間の使い方を学んで欲しい。
これから大人になって
ひとつのことだけやればいい
な~んてことは、ありえませんから。

とはいえ、
中学校生活は始まったばかり。
何事も
これから
です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

面談

昨日
緊張~の面談。

4月から派遣社員から会社直接雇用のパートになりました。
そのため、
正社員さんと同じように
上司の面談があり、査定されます。
AからDまで。
Aランクが続くと
中途採用の可能性もあるらしく、
Dランクが続くと
採用の延長がなくなるらしいです。
(半年更新です)

仕事の内容は
派遣の時とまったく同じで、
会社の求めるものは
ちょっと厳しくなっている気がします。

仕事を始めて3年目。
今の職場にもなれ、
毎日楽しくお仕事させてもらってます。
これって、
とっても幸せなことですよね。
これからも
誠実に前向きに
日々の仕事をやっていこうと
思った一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乱読中

やたらと本を読んでいます。

本当の乱読
あっち、こっち、読みかけて
今、4冊ほど並行して読んでいるところ。
「資本論」から「枕草子」ビジネスのハウツーものもありますね~。

最近、気になるのは
「ヤンキー」

今年は「ヒラ」ですが
中学校のPTAの指導部になりまして、
何かと問題のある子どもたちとも接する機会がありそうで、

戦う(?)ためには相手を知ることが第一

と思い、
とりあえず目に付いた本を読んでみることにしました。

「ヤンキー進化論」
難波功士
光文社新書
Photo

「デメキン」
佐田正樹
ワニブックス
Photo_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

母の日

何もない、というのも珍しいですよね
TVのCMでも、
ニュースでも
あれだけやっているのに、
我が家は
何もなし!

隣に住んでいる義母は
プレゼントは喜ばないので、
「ありがとう」の言葉と
ほんの気持ちだけ
ショートケーキを買っていきました。

Cocolog_oekaki_2009_05_11_08_21


| | Comments (0) | TrackBack (0)

何で同じ日!

7月26日(日)
下関に松竹大歌舞伎がやってきます
大好きな中村吉衛門です。
歌舞伎、一度舞台で見てみたかった!
博多座もあるし、
行こうと思えば行けないこともないのですが、
これがなかなか・・・

「やった~!これは絶対行かなくちゃ!」

大喜びしたのもつかの間
???
どこかで見た日程。

がが~ん。

娘のバトンの大会当日ではありませんか!

なんでまた、同じ日に。

これは、どうしても博多座まで行けという事ですか

松竹大歌舞伎 下関公演

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新聞記事から・・・

中絶の傷 ブログにつづる

朝日新聞 5月8日生活

SEXすれば妊娠する。
避妊は完璧じゃない。

当たり前のことです。

SEX=命の営みであることを
もっと真剣に考える必要がある。

生み育てる覚悟がないうちは
SEXはするべきではない。
と思います。

私は恵まれた環境で
生きているからいえることなのかもしれませんが。

第一子をけいりゅう流産でなくしました。
おなかの中で育っていなかった子どもでも、
手術するということは大変なショックでした。
局部麻酔で朦朧とした意識の中
「赤ちゃん、あかちゃん」と呼んでいました。
もう20年近く前のことですが、
忘れたことはありません。
まして、元気に育っている子どもを中絶するなんて・・・
どんなに辛かったでしょう。

しかし、
SEXすれば妊娠するのです。
避妊は完璧ではないのです。

私はその後なかなか子どもに恵まれず、
不妊治療を始めようかと思っていたところ、
幸いにも長男を授かりました。
4年の年月が経っていました。

その子どもたちは、
今思春期真っ盛り。
性にも目覚める頃。

私は母親として
まっすぐに向き合っていきたいと思っています。

だきしめたい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子どもの発達段階と親のかかわり

なんだか、論文の課題のような題名ですが

おやつを食べていた小学校低学年の子ども。
手や口の周りが汚れていました。
するとおもむろに
汚れた手を差し出して
じっと待っています。

「どうしたの?」

とたずねても
黙って手を差し出すだけ。

「手を拭いて欲しいってことだな。」
と分かったのですが、
もう一度たずねました。

すると今度は
「手、手」
と言います。

「手がどうしたの?」

「よごれた。」

「ふ~ん、それで?」

「拭きたい。」

そこで初めて「拭きたい」という言葉が出ました。

その子は
「手が汚れたので、拭きたいけど、どうしたらいいですか?」
と聞けませんでした。
小学校低学年では、そこまでは無理でしょうか?

でも、今は無理としてもこれから先、大切になってくると思います。

「自分の意思を伝える」

お母さんとそのお子さんのやり取りを見ていると、
お母さんが何でも先回りして
やってあげています。
それこそ、口の周りが汚れていたら
「ほらほら、汚れてるよ」といって拭いてあげたり、
「寒くなってきたから、上着を着なさい」
といってかばんから上着を出して着せています。

もう少し、まってあげたらいいのになあ。
と余計なおせっかい

言葉って
はじめから身についているものではなく
長い時間をかけて学習していくもの。

コミニュケーションって、
大人でも難しいです。
だからこそ
幼い頃から、言葉を大切にして、
コミニュケーションの能力をつけていく必要があると感じました。

人はそれぞれ違います。
いくつになったから、これができる、できなければならないと
決め付けることはできません。
その子にあったかかわりって
親にしかできないことです。
個性のまったく違うふたりの子育てをして
実感できたこと。
今だから言えるって感じでしょうか。

これからも、よそのお子様に関わることもあるかもしれないので、
私なりに、
注意して接していきたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

怠け者

やっぱり私は片づけが苦手。
午前中
子どもたちのプリントの整理をしていたら
もうそれだけでくたくた
娘の小学校のプリントは
いらんよね~。

昼食を挟んでからは
もう何もやる気なし!
3時には
娘を迎えに行かなくてはならないもので、
それを理由に
やめちゃいました

しかし夫は
私が留守の間も
せっせと片づけを続けていた様子。

娘と帰宅した時には
拭き掃除をしていました。

日ごろ
「何にもせんで!」
と言われる度に反発していたのですが、
今日は
「降参」です。

お父さん、あんたはすごい!

掃除や片付けって
なんだか先が見えなくて
いつやめられるのか
とっても不安で、
嫌い。

神様は
お互いにかけているものを補うために
めぐり合わせてくれたのではないかと・・・
都合の良い解釈ではありますが、
そう思えた一日でした


| | Comments (0) | TrackBack (0)

おかえりなさい

娘のバトンで、
長年お世話になった方々が
この春、去っていかれました。
一人は就職、一人は進学。
弱小バトン教室なので、
指導的立場の先輩方が去っていかれるのは
本当に痛い。

しかしこのたび、
強力な助っ人が帰ってくることになりました!
進学でこちらを離れていたのですが
就職は地元に帰ってきてくれました。
なんと
バトンでは世界大会にも出場されるレベルの
本当に強力な助っ人です!

この連休には
バトンの合宿にも参加してくださるとのこと。
ありがたい。

娘が幼い頃
「母」のように面倒を見てくれていたおねえちゃん。
しかし、その技術の高さに驚いたようで、
「あんなの、できん」
といっておりました。
教えるほうも、
「どうしたら、簡単な振り付けになるか
分からない・・・」と困惑されていた様子。

まだ始まったばかり。
娘にとっても、
メンバーにとっても、
すばらしい経験になるに違いないと、
私は勝手に思って
ワクワクしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »