« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

接触事故

毎日いろんなことが起きます。

息子が自転車で接触事故。
駅の駐輪場から出るところ
左前方から走ってきた普通車に接触
前輪破損
走行は不能です。
息子は車に気がついて止まったのですが、
前輪が半分ほど車道に出てしまいました。
相手方の損害はありません。

幸い、
怪我がなく、ほっとしています。

ただ、
相手の態度が悪すぎる。
非常に感情を害しています。

明らかに未成年(学生服を着ていた)の子供の自転車と事故を起こしておいて、
警察にも届けず、子供を病院にも送らず、保護者にも連絡せず。
「大丈夫?」と、声はかけられたらしいが、
たとえ子供が「大丈夫です」と応えても、
保護者に連絡くらいするでしょう?
連絡先も携帯の番号だけ教えて名前も名乗らず立ち去ろうとしたらしい。
近くにいたおばさんが、
「ぼうや、名前を聞いた?」
といってくれて、名前を聞くことができたらしい。

本人、一番パニクっていました。

まあ、その時は運転手もパニックになっているでしょうから、
仕方ないにしても、
その後、こちらから電話した時には
「すみません、大丈夫ですか?」の一言があっても良いのでは?

結局、警察にはこちらから届けを出しました。
実況見分には立ち会ったので、
逃げる気なかったようですが。

相手方から
「保険屋さんから電話があると思います。すみませんでした。」
とのお電話がありました。

保険会社は
「過失割合は2:8で」
と、連絡がありました。

納得できません!!

物損事故なので、
そういう割合になるでしょうと、警察の方もおっしゃっていましたが、
納得できない!!

はじめから相手方に謝罪の意思があり、
誠意を持って接してくれていたら、
ここまで思わなかったでしょうが、
どうにもこうにも、
感情がもつれています。

こちらの常識が万人に通用するわけではないのですね。
始めのボタンを掛け違ったばっかりに・・・

とりあえず、
保険会社と交渉します。
どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皮のバック

バック大好き
つい買ってしまう。
家族は呆れていますが・・・

茶色のショルダーバックは必需品。
普段はひょいと斜めがけで買い物へ。
最近、お気に入りのバックがあったのですが
立て続けに破れてしまいました
半年持ちませんでした。

安くて、かわいくて、使い勝手もいい。

とても気に入っていたので
残念!

いろんなバックが欲しいので、
つい、安いものを買ってしまいます。
でも、
やっぱり、
傷みが早い。

このたび、
思い切って
皮のバックを買いました。
いつもの4倍はしましたね~。
4倍持つかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年度末と年度初め

あれこれ首を突っ込む習性の私は
この時期
非常に後悔いたします。

何もかもがいっせいに忙しくなる!

自治会に小学校のPTA、娘のバトンのコンペティションの準備。

毎日役員会やら電話やら
メモを見ながら生活しています。

来週中に、いろんなお手紙を発信しなければならなくて、
ひゃ~、間違いなくできるでしょうか!

私が忙しいのは自業自得ですが、
人に迷惑をかけてはいけません。
胃が痛い~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

~絵本読み聞かせ~6年生

2学期は読み聞かせはお休みしていました。
久しぶりで緊張!

1冊目
社会で「世界の中の日本」を勉強しているので、
外国のお話を選びました。
お話の最後に「日本のラジカセ」が出てきます。
「世界の中の日本」を少し感じてくれたかな?

「ぼくのチョパンドス」
小林 豊/作
光村教育図書
Photo

2冊目
小学校最後の参観日に
クラスの子供たちはバザーを開き
売上金をユニセフに寄付するそうです。
今、全校に呼びかけて
余剰品集め、真っ只中です。

「自分たちは何のためにバザーを開くのか」
確認できたかもしれません。

私はとても感動したので、
この本を購入しようかと思っています。

「ともだち」
谷川俊太郎/文
和田 誠/絵
玉川大学出版部
Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

麻生さんと中川さん

よく似ている二人だなぁ。
顔というか、持ってる雰囲気というか。

私もお酒は好きですけど、
時と場所は選びます。

中年のおばさんでも
そのくらいわきまえてます。

ああ、
世界に発信されたのか。

情けないな。

うちの小学校では、
PTAの呼びかけで
運動会の時に飲酒を禁止いたしました。
「お酒は帰ってから、ゆっくり飲んでください。
運動会では子供たちを見てやってください」と。

しかし、なかには、無視して缶ビールを開ける親もいて、
執行部の方はその対応に苦慮されていました。

日本の代表として参加している人が、
世界経済の危機のまっただ中の
重要な会議に
あの体たらく。

中川氏は飲酒を否定されていますが、
あの映像を見て
誰が納得するでしょうか。
周りに誰もうなかったのでしょうか。
誰か注意してよ!

小学校の運動会で
自分勝手な行動をする親。

世界に発信された映像。

何か、変!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

父の足

大人になってから
初めて触れたかもしれない。

下着を着替える手伝いをしていた時
父の足がむくんでいて
思わずさすった。
「痛くない?」

それを見ていた妹が
「お父さん、嬉かろ?」(嬉しいでしょう?)
というと
父は
とびっきりの笑顔でうなずいた。

それを見て私も
笑顔になった。

父と、母と、妹と、私。

心がほっと、あたたかくなった。

介護って大変。
でも神様って
ちゃんと、素敵なプレゼントを用意してくれているんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白黒はっきりして!

きっぱり!しているほうが
かっこよくて、潔くて、
私としては、断然良い、と思っていました。

でも、これって、
物事の処理としては良いのかもしれないのですが、
「心の満足」
という点で、×なのかも。

夫はどちらかというと
「グレー」な部分の多い人。
こちらが
「お茶どうする?」と聞いても
「うん」
としか答えない。
「どっちの、うんなの!」
と声を荒げてしまうことも多くて・・・

子供の進路や、両親の介護、など相談しても、
「うん」だけだったり・・・
決して、多くは語りません。
まあ、
私が喋りすぎるということもあるのですが・・・

ある方に、夫の愚痴をこぼした時、
「ご主人は、奥さんとの会話を楽しみたいんじゃないか」
と指摘されました。
「ご主人の心を満たしてあげたら、
以外に、物事も、スムーズに運ぶかもしれないね」と。

夫に対してだけでなく、
子供たちにも、友人にも
そういう態度が多いかも。

なるほど、結論を急ぎすぎ、
「白黒はっきりして!」
も、ほどほどに、ということかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ルーツ

今、テレビ朝日が50周年記念でいろんな番組をやっています。
その中で、
過去の番組をつるつる~っと紹介していた中に
「ルーツ」がありました。
アメリカの黒人奴隷の3代のドラマです。
放送当時、小学生だったかな~。
とても衝撃的で、心に響きました。

この手のドラマは
てっきりNHKだとばかり思っていたので、ちょっとびっくり。
人の記憶って、いい加減ですね

わが子たちも
なんでオバマ大統領があんなに騒がれているのか、
ぴんとこないようですが、
このドラマを見れば
アメリカの人種差別の歴史が良くわかるのではないかと思います。

アメリカだけではありません。
日本にも、身近なところにも
差別は存在します。
それがどんなに愚かな事か
私自身も改めて
考えてみたいと思いました。

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心は届いていますか?

昨日、地元のケーブルテレビの記念講演会に行ってきました。
元NHKアナウンサーの加賀美幸子さんの講演です。
高校生の頃放送部に所属していた私は
アナウンス担当。
NHKのアナウンサーをお手本に
技術を学びました。

加賀美さんはその頃から私の憧れ。
「女子アナ」というと
いまやアイドルになってしまって
アナウンス技術は???
しかし、加賀美さんのアナウンス術は
本当にすばらしかった!!

昨日の講演で初めて「生・加賀美さん」にお会いしたのですが、
あの美しい声、存在感は健在。
ますます、円熟味を増して素敵でした。
年を重ねるって素敵なことだな。
と思わせてくださる方です。

講演後、会場からの質問を受けられたのですが、
その中で印象的だったのは
「インタビューをする時は、たくさん勉強します。
そうすると、安心して受け答えできて、
相槌が違ってきます。
相手の方も、いろいろなことをお話してくださいます。」
とおっしゃっていました。

講演の中で「古典」についてもお話されていました。
「もっと古典に親しんで欲しい。
できれば原文で」とおっしゃっていました。
中でも
「枕草子」は本当に面白そう!
清少納言は千年前の綾小路きみまろです
読んでみようと思っています。

Cimg1831

Photo


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベストの介護よりベターの介護を

ケアマネージャーさんから
「ケアハウスに空きが出たのでどうしますか」
「デイサービスを週3日に増やしてはどうか」
との知らせを受け、
妹が電話してきました。

ケアハウスは経済的に無理。
デイサービスも、
妹としてはスタッフに対して不信感があるらしくて、
施設を変えたいと思っているらしい。

父は体が不自由なので
自宅での入浴が危険ということで、
デイサービスで入浴させていただいているのですが、
「時間と手間がかかる」と、
スタッフがいい顔をしないらしい。
あくまでも、妹からの一方的な情報なので、
判断は慎重にしたいと思うのですが、
如何せん、
日常生活のことは
離れて暮らしているとまったく分からない。
とりあえず
来週帰省して
妹とふたり
ケアマネージャーさんと病院の先生に相談しようと思っています。

現実問題、
どうしても人様にお世話にならなければならないのです。

書店で思わず手に取ってしまいました。

「知っておきたい認知症の基本」
Photo


「ベストの介護よりベターの介護を」
筆者の一言に救われた思いです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

癖になりそ!

最近朝風呂がマイブーム。
もう寝ちゃおう!とお風呂に入らずに寝てしまうと、
やっぱり
どうも
気持ち悪くて・・・
でも、睡魔には勝てず。

一度
朝風呂やってから、
いや~、はまりました

家族が家を出てから
速攻で入るのですが
「風呂に入りたい一心」で、
他の家事もスピーディーに片付いちゃったりして。

毎日じゃないのですが、
(毎日じゃいかんだろ!)
今、一番の贅沢です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »