« タイヤ交換 | Main | 梅干 »

怖いおばちゃん

昨日の帰宅途中、自宅近くに差し掛かったところ、
小学校低学年らしき子どもが2~3人歩いていました。
ランドセルを背負っていたので、
学童保育の子達でしょうか。

すると、男の子が一人、
通り過ぎる車のタイヤめがけて、
木の枝を投げています。
どうもタイヤに踏ませたかったよう。
「危ないな」と思っていたら、
私の自転車を見つけて、
「自転車なら当たるかもしれん」と嬉しそうに
枝を投げようとするではありませんか!

車輪に挟まったら転倒間違いなし。

こりゃ~いけん!

「なんしよんかね!」(何やってるの!)
「当たったら、ひっくりかえるんよ。怪我するんよ」と、
注意しました。

その子ども、
直立不動で、素直に
「すみませんでした」と誤りました。

私、きっと怖いおばちゃんだったでしょうね。

わが子のともだちにも
怖いおばちゃん
で、とおっているらしい・・・

危険なこと、人に迷惑のかかることに関しては
わが子に注意することは
よその子にも注意しよう。
そう、心がけています。

中学生になると
挨拶しても返ってこないことが多いのですが、
それでも構わず「こんにちわ」

「いつも自分を見ている人がいる」

それが親だけではなく、
近所の怖いおばちゃんも。

愛するわが子たちも
いろんな方に見守られながら暮らしているのでしょうから。

ブルースター:植えっぱなしで3年目です(^^;
Cimg1262

|

« タイヤ交換 | Main | 梅干 »

育児」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 怖いおばちゃん:

« タイヤ交換 | Main | 梅干 »